Dream-killer









18歳から美容師をはじめて12年、




僕は、美容師の仕事ってなんて良い仕事なんだろうって思う








ところが、




「美容師は大変だよ」って応える人もいる。




その差はなんなのだろう・・・









【上手くいかなかった経験はクソの役にも立たない!】






聞いたことはないだろうか?




俺は○○だったから、




知り合いが○○して大変だったからやめたほうがいいよ。




気をつけてください




世の中にはあなたの夢をつぶす




いわゆるドリームキラーがたくさん存在します。








いっている本人には、まったく自覚がなく




むしろあなたのことを大切に思うからこそ、助言をしてくれる のかもしれない。






でも言ってやってください




「あなたはそうだったかもしれない




でも、私はやってみせます。」






善意で教えてくれる大切な人にも




「ありがとう、でも自分のやりたいことだから」と言ってあげてください。






本当に目的を叶えたければ、それだけでいい。






何か言われてイチイチ(そうかなぁー)と思うのであれば、




他を考えたほうが良い。




むしろ早めに結論が分かってありがたいこともあります。









やめたほうが良いって言う人はおそらく失敗しております。





「あーーあれ知ってるよ」





「あーーやったことあるよ」





あなたには向いてないと思う。





いまさらやっても遅いんじゃないの。





どうせ無理だよ。








そうやって 自分がそうだったから、きっとあなたもそうだ。





と、丁寧に解説してくれます。








自分たちも、気をつけていきたい




上手くいかなかった経験はいらない、






いろいろ経験して難しいことがわかったから・・・




甘くないことがわかったから・・・






全然意味ない!








でも少しは必要かもしれない・・・




上手くいった成功体験に比べて、1%くらいは・・







世の中には情報がいっぱい。




私たちはそれを選んで、それを自分に吸収する。






だから、失敗体験なんて見たり聴いたりする暇はない。 




ほとんどネガティブになるだけです。






うまくいくには、成功事例の方がダントツで意味がある。




アドバイスを聞くなら、実績ある人の声だけだと感じます。








———————————————






美容師になるのに、




僕はずっと親に反対され続けていました。






上京するときも、半分逃げるような感じだったw






お店を出すときも超反対。






昨年だろうか、鹿児島から両親がお店に遊びに来ました。




席はずっと満席状態。






その日から、やっと認めてくれるようになった気がします。






(その日は特別に忙しい日でしたがw)










おしまい。

























  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る