「美容師とは天使の仕事」




髪を切るのではなく、 ココロをきる。





お客様が本当に求めているのは、切ったあとの『幸せな感情の変化』




















単純に切るだけでは、ただの作業となってしまいます。




言われたことだけやるのであれば、それもただの作業。






誰でも出来ることであれば




(僕じゃなくてもいいんじゃない?)とも考えてしまう。








どうせならあなたじゃなきゃ嫌だ!くらいに言われて仕事をしたい。




そんな事を考え続けた結果・・






お客様心理になったときに気づけたのです。






物やサービスを買うとき、




私たちは必ず、買うことで得られる感情の変化を買っている。






それは、希望なのか、安心なのか




それぞれに得たい感情を買っている。








僕はブランドもの結構好きなんです。




車も一番いいクラスじゃなきゃ気が済みません^^;






その心理は『ただ特別でありたい』感情買っているのだと思います。






もともと車なんて走れば良かったのです






それでも最高なものにこだわるのは、




自分も最高でありたい思いからくるのかもしれません。




※もちろんいい物持っている人が最高になるとは限りませんがw








美容室に行って




ただスッキリするだけの感情の変化だけではなく。






僕はお客様にとって、特別な場所、特別な人でありたい。








またこれから何をしたら良いのか


 何ができるのかを考えていくのは本当に楽しいことです。








美容師のお仕事って、お客様の感情を




ダイレクトに感じれるお仕事だと思うんです。






そんなスリル感・ドキドキ感も、僕はやりがいを感じています。



























  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る