賢い女性のヘアケア

メディアが商品ばかりをアピールし、ユーザーの髪質と目的が無視されています。



肌質の違いは十人十色。髪質もまた、十人十色デス。



シャンプーが変われば、髪が変わることを知っている敏感な女性は、小数です。





基本的に、シャンプーは“頭の洗剤”です。



洗剤の質が悪ければ、髪は硬くなり、ゴワつき、ベタッとし、動きを封じ、



ひどいモノは、“ダメージ”にもなります。





安いクレンジングを使えば、肌はツッパリ、ヒリヒリして、カサつく。





同じ事が髪にも起きています。安価のものは当然、安価の成分で造られています。



それは大抵、洗浄力が強く、残して欲しい水分・油分も取り去ってしまいます。





ここがポイントです。髪の状態が仮に、





シャンプーで-1になり、トリートメントで±0では、意味がありません。



シャンプーで±0になり、トリートメントで+1が、理想的です。





逆に、トリートメント選びの方が簡単です。殆どがツルツルになります。



極端な話、



  :¥3000のシャンプー、¥1000のトリートメント



お金をかけるべきは、シャンプーなのデス。



髪は、“水分”を添加してはじめて、柔らかくなります。



全てのオイル系は、逆効果となります。





これらは、髪が硬くなる順番です。御参考下さい



せっけん系・・・一番硬い



無添加・・・・・・添加されてこそ、柔らかくなります。何もしてくれません。



海外系・・・・・・洗浄力が強い。そもそも外国人と日本人では髪質が違います。



シリコン系・・・・安価でないモノは、逆に優秀なものもあります



アミノ酸系・・・・髪と同じ成分なので、最も柔らかくなります





友達に勧められたから。家にあるから。雑誌に載ってたから。匂いがイイから。



美容室で使っているから。CMしてるから。モデルが使っているから。





重要なのは、誰かの判断ではなく、お客様の髪質と目的です。





ビズー では、



5種類のシャンプーを髪質別、メニューに合わせてに使い分けしています。



役割はそれぞれでも、目的は、柔らかくすることです。



最近,店長がやっと悩んでいたアミノ酸系シャンプーの銘柄を決めたと



新たに1シリーズ加わりました、実感あればお勧めします。



お客様の実感こそが、一番賢い判断です! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る