責任から得られるもの

『自分に降りかかる全ての物事は
    すべて自分が招いたことである』

ひとは何かにつまづいたり、うまくいかないことがあれば
即座になにが原因だったのかを解明するクセがある

まずいのは時代や環境、人のせいにすることである

ひとに不平・不満を話せば
同情はしてもらえるかもしれない
但し、それは本質的な解決がしないだけではなく
同時に人からの評価をも失うことを覚えておかなくてはならない。

いくらたいへんだったね、しょうがないよと同情されたところで
なにも現状はかわらない


僕も、理屈では分かっていても
もっと周りがこうだったら、もっと上手くいったのに・・・
なんて思いが、度々よぎることがある。

だが、断じて口にはしない
(言ったら殴られると思った方が良い)
そのくらい危険で不必要なのだ

【責任は人を強くする、無責任は腑抜けになる】

言い訳をなくすことで責任転換が必然的に自分になる

これから起こる、困難や災い、上手くいく事も、上手くいかない事も
すべてが自分の責任だと認識する事で
人はなんとしても幸せになれるように動くはずだ



前向きな将来のために

今、ほんとうに
何が出来るのか

今日は何をやり遂げたのか一日振り返る必要がある

一日24時間の中で
自分のスキルアップに投資した時間は何分、何時間だろう

やったことで全ては決まる

全ては自分の責任だ。




ありがとうございました


西八王子 美容室 店長








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る