負債の根源はこいつだった

 

負債は何か?

と聞かれれば、維持費・借金。

それは毎月コストのかかるものだと答えます。

資産は何か?
と聞かれれば、富を生み出すもの。

負債と違い、どんどん増やしたいものであり
財産です。


ではどうすれば資産を増やすことができるのか?

今日も大切な在り方をお届けします。


それは与えることです。


「えー、自分がまずは欲しいのに与えるなんて嫌だ~!」

と感じるかもしれません。


または、「わかっちゃいるけど・・・」

と苦笑いをするかもしれません。



でも、豊かな人がなぜお金がない時から寄付をするのか?

親に、お世話になった人に大切なお金を使えるのか?

人と知恵を分かち合うのか?


答えが明らかになった真実がありました。


まず、 『負債』と『資産』に決定的なお金の流れの違いがあったのです。

景気がいいときは、「お金が回ってる」と表現し、お金がよく動いていることを指します。

景気が悪い状態は滞っている、止まっているといいます。


つまり、

“自分だけのために”という考えが負債となり、

与えることが全て資産となる。


現に、家だって自分が住めば負債。  貸せば資産です。




●自分が使うためだけのものはすべて負債

●ほかの人に役立ってもらえるものは資産


これがきっと、
与える側がもっと豊かになるカラクリであり。


自分さえよければそれでいい。。

その気持ちが負債の始まりだということです。


自分のもっている能力、知識、経験を
世のために生かそう。


ご一緒に資産家へ向かいましょう!



今日もありがとうございました^_^



上ノ原 浩




【今日の一撃】

私たちの人生の価値は、どれほど得たかではなく、

どれほど与えたかによって判断されるのです。


K. R“. ラビ”ラビンドラン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る