誰のせい?





「『自由競争で勝ったらいい』という時代は終わった。経営者は、国のため、世界の人々のためにどうしたらいいかを考えなければならない」と強い口調で訴えた。  (サントリー佐治社長)




とくに




国のため、世界の人々のためにどうしたらいいか




——————————————————————




(あくまで自分の感じたことです)




最近、『節税 節税』とよく耳にもしますし




掲載されていることも多いように思います






結局のところ




個人の税収 企業からの各種税収などで




お国の豊かさが決まります




——————————————————————–




こんなことも書いてありました




「経営者は物価を上げなければならないと唱えながら、懸命に安売り競争をしている。


結局は経済が良くならないので、消費者のためにならない。


もう少し利益を出し、税金を納めて社会に還元する経営姿勢に転じていくべきだ」






subarasii








景気が悪いのは誰のせいか?


と考えるのではなく




自分の場合




プライドを持てるような


腕に確かな技術(価値)をもち




それに応じたサービスをお客様に提供でき




結果、社会に貢献していけたらと思います。






節税を考えない




たくさん納税できる人になる!




ということも目標にしていきたいと思います。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る