第4章『スピリチュアルにはまる』問題点と改善策

『スピリチュアルにはまる』問題点と改善策
今回もどんな失敗に陥っているのかを確認したうえで
必要な対処法を確認してみてください。


○瞑想に取り組んでいても現状維持の生活が続いている。

○前世・生年月日・名前・血液型・星占いに強く影響を受けている。

○困ったときは神様に頼み事をする。

第4章 【スピリチュアルの罠】

そもそもスピリチュアルとはどういったものなのか?

英語で「精神的な」「霊的な」「宗教的な」―な世界という形容詞です。

『スピリチュアル』スタイルは、
直訳が意味するように「精神的な」「霊的な」エネルギーだけを使って、
現実を変えようとするアプローチです。


このアプローチは、私自身が深く学び実践してきたことはありませんが、

宗教家の息子として育った関係で、精神的な「目に見えない力」が
私たちの、人間関係面・財政面・健康面に深く影響を与えていることは
少なからず感じてきました。

『自分がやってきたことは、良いことも悪いことも返ってくる』
私がすぐに思いつき、目に見えない力として例えられるのはこのフレーズです。

なぜなのか、
自分が善意で接すれば、善意で返され。

悪意で接すれば、悪意を持った人が自分の周りに現れる。


この世には、本当に神のような存在がいて
自分の放ったエネルギーが平等に返ってくる。

そんな感覚のようなものがあると認識している程度でした。


このレポートを見ているあなたはスピリチュアルの力が存在するものだと感じているでしょうか?

神だとか、前世だとか、無宗教の方が多いこの日本に住む我々には
到底理解できない、理解したくない話しでもあると思います。


ですがこのアプローチ、もう少し深く調べてみると
世界保健機関(WHO)では、
健康の定義を従来の肉体的健康(フィジカル)心理的健康(メンタル)社会的健康(ソーシャル)の
3つに加え、新たに、霊的健康(スピリチュアル)を加えた側面で判断し、スピリチュアルは人間の尊厳の確保や生活の質を考えるために

必要で本質的なものだと提案されているのです。


一般的によく耳にするようになったスピリチュアルアプローチの一つに

『瞑想』というものがあります。

瞑想を日常的にやっている人はやっていない人よりも病気に罹りにくいという統計的研究結果。オランダの保険会社には瞑想者には保険料の割引をしているという保険会社も存在し、

イチローやスティーブジョブズ、ビルゲイツ、松下幸之助、ビートルズ
なども実践しているこの瞑想、

これだけの成功者の方々が行っていることを考えても、

瞑想には、なにかびっくりするような劇的な効果があるのかもしれません。


ただし、熱心な宗教家さんやスピリチュアルに生きる方をたくさん見てきた経験の中でそのアプローチで陥る、決定的な問題点があることに気付くのです。


例えば借金。

健全な思考であれば、

○具体的に借金が出来た原因を考え

○その原因を絶ち

○具体的な返済プランを立てる

このように現実を直視して前へ進むものですが、

実際、借金を返せない人の多くは、原因を考えないし、

借金の金額も知らないし、返済プランなんて考えたくもないのです。

これは、

病気がちな方、

どこの会社へ転職しても嫌な仕打ちを受ける方、

ずっと理想のパートナーと出会えない方にもあてはまります。


それは、現実を知ると落ち込むから…

そこにスピリチュアルの甘い言葉に、「何とかなるさ」の状態になる。

『思考は現実化する』などの言葉を都合の良いように解釈し、

叶えたい願望をただ念じていれば夢は実現してしまう・・・といったように

スピリチュアルな言葉は、時に今の自分のリアリティ(現実)から目を逸らす現実逃避が起こります。


スピリチュアル最大の問題点は、不可思議な体験に心を踊らされるあまり
「 他力本願 」思考に陥ることです。

「ありのままでいい」というのは、
「何もしなくていい」ということではなく


やはり願望実現していくことに必然のように起こる問題の数々、

そこからやるべき必要な行動はやはり「 自力 」を上げていく事です。


なにかしらの神秘的な体験をした方の中には、

スピリチュアルの力で自分を飛躍的にレベルアップしたい!何とかしたい!と考えてしまいひたすら更なる思考体験を得ることに依存してしまうケースがあるのです。
残念ながら、
そうした他力本願的な思考に、自分にとって必要な知恵は降りてはきません。


自分の心の闇を認めたくない、現実の問題を避けている場合は

→エネルギーワーク、パワースポットで気持ちを高める

→同じ心の闇を抱える人を救おうとする

→仲間を集める

●心の空虚な気持ちは、別の満足感を得るために

●劣等感は優越感を得るために、

●孤独な気持ちは連帯感を得るために動きます。

その心の動きを意識してみると、

スピリチュアル依存の晴れない心や、モヤモヤ感の謎が解けていくはずです。

『前世セラピーでの問題点』

仮に、あなたの友人に恋愛問題で苦しんでいる方がいるとしましょう。

「あなたは前世で報われない恋愛をしてたのよ」
と語ってしまったらどうでしょうか?

きっと、自分自身の問題を見つめることをできなくなってしまうでしょう。

私が真にスピリチュアルに生きる人だと思う方は、

自分の良いところも悪いところも
自分に起こりうる良い出来事も悪い出来事も

ありのままに評価し、そんな自分を許し、癒し大切に思うことができる人のこと。

自尊心の高い人のことだと考えます。

それではスピリチュアルを味方に付け。

願望を次々に実現し、自尊心を得ている方に教わった4つのポイントをご案内します。

【お願いをやめる】

お願いスピリチュアルに陥っている人は

「自分には無理だから、誰かに期待する」という心理状態です。

「~してください」「どうか~なりますように」
このようなお願いスタイルには、自分の力ではどうにもならない諦めがあり

「お金が欲しい」と願えば、私はお金が足りないというメッセージが隠れています。

ただ単に、お金が欲しい状態が叶うに過ぎないのです。

このやり方は祈っているのではなく、お願いしているのだと理解してください。

等価交換「何かを得ようとすれば同等の代価が必要」はこの世の摂理です。

現実的に考えてみても誰かが無償で自分に何かをしてくれるというのは、

幻想でしかありません。

心に唱えるべき言葉があるとすれば「~することができました」
「~になれました」「私は~になっている」 ありがとうございます。

『自分は既に手に入れている』と捉え、手に入れている前提で行動することで、物事が動き出し、それに合わせて”現実世界”にも反映がされます。

大事なことは、既に理想を実現しているセルフイメージを手に入れることです。

理想を手にしている自分はどんなことを考えて、どんな行動をしているだろう。
実現している願望に対して、自分に何ができるだろう?

どんな対価を与えることができるだろう。

そして、得たい結果と、与える価値は合っているのかを確かめてみてください。

—————————————

ケガをしない秘訣は何ですか?

「僕の年収見てくださいよ」 byイチロー
—————————————

【期待や執着を手放す】

この言葉の意味する通り、

瞑想やスピリチュアルな体験に過剰な期待を持つのを手放してください。

たとえ悪い出来事が起こったとしても、反発するのではなく

出来事に対して信頼心をもって受け止めるのです。

起きるべくして起こっているのだという現実を受け止め。

そこから何を学び取るかが重要になります。

『自分にふさわしいものしか、私たちは引き寄せられません』

一見ネガティブな体験でも、後になってみればあの出来事があったからこそ

今は強くなり、ポジティブな体験を得られている。という人はたくさんいます。

逆に人から羨ましがられるような体験があったとしても、

後に、経験のないことに圧倒され立ち直ることができない方もいるのです。

借金からのメッセージを受け取り、大富豪になる方もいます。

病気からのメッセージを受け取り、長寿になることだってあります。

宝くじに当たったり、親からの相続で大金を受け取ったばかりに、

仕事をまじめに取り組むことが出来ず、

結果的には財産がマイナスになることだって起こっているのです。

ポジティブな出来事の中にはネガティブなギフトも存在すること。

ネガティブな出来事の中にはポジティブなギフトも存在することを

認識してください。

【座禅や瞑想について】

集中している時とぼんやり時の脳の働きを比較したところ、

ぼーとしている時には、記憶を思い出す「楔前部(けつぜんぶ)」と、

価値を判断する「前頭葉内側」が活発に動いていることが分かっているそうです。

その差は20倍ほども違いがあるというほどです。

情報の処理や整理の能力が格段に上がり、

今するべきことが明確になりやすいことが証明されています。

何かを始める前、何かをやり遂げた後の5分間でも

ぼんやりタイムをとることはお勧めすることができます。

【『思考は現実化する』の注意点】
この法則の下では、欲していることでも、避けたいことかも関係ありません。

望むものだろうが、望まないことであろうが、思考現実化には「善悪」の判断がないのです。
現実はただ、あなたの思考に反応するだけです。

あなたが何かに意識を集中すると、それが何であろうと、現実化に向かうのです。


例えば「運動会で転びたくない」という思考は、

転ぶことをイメージし転び方を考え、転ぶ現実を引き寄せます。

この場合での正しい引き寄せをあげるとすれば「上手く走りたい、速く走りたい」です。

くれぐれも、望まないフレーズではなく、望む結果を言葉にしてみてください。

(あとがき)


「過去は単なる記憶であり、未来は単なるイメージに過ぎない」

真に起きていることは現在であり。
過去や未来は脳が創り出す空想でしかない

自分を中心「現実」に戻し、今の瞬間に生きることこそ、

夢を実現する、有効な手段だということです。

私はこのスピリチュアルアプローチに対して

頑張って努力することをサポートしてくれるもの】だと思っています。

スピリチュアルに興味を持つ時期というのは、

きっと自分の人生を成功させよう!と必死に頑張る時なのだと思います。

その力に頼っても、少しも事態は好転しない方へ送る言葉があるとすれば

願望を夢と捉えるのではなく、予定にしてしまうことをお勧めします。

これから願望実現していく際に起きるいかなる壁も、

夢が予定になっているのであれば、自身の成長とともに解決していけることでしょう。

今回のレポートもあなたのお役に立てれば幸いです。

ありがとうございました。

上ノ原 浩


感想やご質問などはこちらへどうぞ。

 support@overfield.jp.net

メルマガ登録はコチラでお願いします。

上ノ原 浩 公式メルマガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る