独立したい!と思ったらまず考えること

美容師として何年か経つとやっぱり、

「いつかは自分のお店を・・・」

と考え始める方は多いですよね。


誰よりも高いモチベーションを持ち、

厳しいアシスタント時代を乗り越え、

スタイリストとして
優秀な実績を出せるようになった
今のあなただからこそ、

その思いも強いかもしれません。


しかし、です。

そもそも僕たち美容師が

「独立したい!」

と思う背景には、

美容師の、決して恵まれているとはいえない
雇用環境はかなり大きいのではないでしょうか。

少なくとも、

「今の雇用環境・給料に
心から大満足しています!」


という美容師さんって
珍しいと思うんですよね。


美容師という職業はもともと
休日も少ないですし、ハードワークです。

平均手取り月収は22万円で、
国家資格が必要な職業の中では超低水準。


現役プレイヤー生命は、他の業界に比べてかなり若いうえ

これからますますの増税、
景気不安、社会保障不安。


でも、大好きなこの職業を選んだ以上

家庭を持ち、子供を育て、
自身の夢も叶えていくためには

「独立しかない!」

・・・・というような。



もちろん独立することが

“ワクワク思い描く未来の夢”

という方もいるとは思うんです。

でも、「独立」を考える方の中にはきっと

「現実的に考えると、
独立しか道はないよね」


という、

冷静に考えての選択をしようとしている方も
多いのではないかな

という気がしてなりません。


独立を意識する時点で
きっとあなたは、

努力を怠らず、
本気で人に貢献する事を考え、
行動している人。



そう、僕は信じています。


そのうえで、ちょっと経営の話をさせてくださいね。


自己資金
借入ナシ
運転資金ナシw



から開業した僕。


本人は一生懸命やっていたのですが、

今になって

「なぜあれをやらなかったのだろう・・・」
「なぜあれに気づかなかったのだろう・・・」

と思った数は計り知れません(苦笑)


自分としては「トッププレイヤー」
としての自覚があったので

お客様へのサービスに情熱を注いできました。


でも。


プレイヤーとしては
うまくやれてたかもしれませんが

いきなり経営者として
「ビジネスの世界」に飛び込むという壁は、

簡単に乗り越えられるものではなかったです。



シャンプーもできない見習い時代から
カット技術を習得してスタイリストとなれたのは、

長年の経験と、訓練によって培ったもの。


やっぱり経営も同じなんです。

開業してからが経営者1年生。



でも、経営者はスタッフ時代のように、

“毎月決まったお給料をもらいながら
実力をつけていく”


ということができません。


入ったばかりのアシスタントが、

自分一人ではお客様を
完璧に満足させることができないように

初めての経営は

「何から手をつければいいのかわからない」
「事業計画が書けない」・・・

そんなことのオンパレードなんですよね。

間違いなく誰も、
つぶすつもりで出店はしません。

ですが、

お客様が呼べない、
定着しない事によって、

毎年8000の美容室が閉店しています。


その際は間違いなく、
多大な借金しか残りません。


実は僕も、

家庭も仕事もズタズタになって
撤退していった方を

結構知っています。


いま、約40万軒の理美容所がありますが

その数はコンビニエンスストアの
およそ6倍。

日本全国の信号機の数、
19万基よりもはるかに多いそうです。


驚きですよね、

信号より多い、美容室ってw

と自分が経営していながら本当にびっくりでした。


また、2012年から
日本の人口はピークを迎えたそうで、

徐々にお客様自体が減ることは
避けられません。

今後10年~15年で、
その店舗数は半数になると考えられているそうです。


単純に考えて、

普通にやってては生き残れない

ですよね。


美容室は本気で、
これからの進化が問われる

と僕は危機感を持っています。


そこで僕が考えたのが、

「独立したいと考える」ほど意識の高い人
を迎え入れたい・・・


ということでした。


これからの厳しい時代を

共に乗り越え、
共に豊かになっていきたい

と真剣に考えるようになったんです。



たしかに、

自分好みのおしゃれな内装のサロン、
スタッフを雇用して采配をふるい、

自分の思い描く
理想の美容室経営をおこなっていくのは、
とても夢があり素晴らしいことだと思います。

でも。。

思い描いたビジョンだけでは、
なかなか厳しいことも多い。

経営しているからこそ言えることですが

美容室業界の、さけられない実情に
やっぱりぶち当たるんですね。


「独立」を考える方の中には、
本音を言えば

「豊かになれれば、必ずしも
“独立”という選択肢でなくてもいい」


という人もきっといらっしゃるはずです。



そういう方とタッグを組んで
一緒に豊かになる道を歩みたい。


シンプルに言えば、

自分の頑張った分が正しく評価される!

ってことです。


独立を考えるほど現実的で
かつ意識の高いあなたなら、

反応をしてくださるのでは

と思っています^^


2つの価値観を持っている職場で
あなたをお待ちしています。

もしピンときたら、連絡くださいね。


1:【完全歩合制】

僕のサロンでは完全歩合制です。

僕はすべてのお仕事に対して、
本来はこうあるべきだと考えています。

内容がどうであれ、
ただ時間が過ぎればお金がもらえる。

年数を重ねれば給与が増えていく・・・

そんな給与体系は、
おかしくないですか?

一番、お客様を満足させられる人材が
一番評価や恩恵を受けるべきだと思います。


どんなに頑張っていても、結果
お客様に満足して頂けなければ

それは仕事ではない。

そう、思っています。


やる気があり、人に貢献する人が
正当に評価される現場。

そこには差があっても当然で
良い社会循環だとも思っています。



2:【自由】


僕のサロンでは、
もっと自由であって良いと思っています。


無駄に居残る必要はありません。

意味のないミーティングは必要ありません。

美容師の使命は、
お客様を幸せにすること。

その目的を達成できるのであれば
なんでもあり、です。


お店都合の無意味なルールや
縛りは必要ありません。

それぞれ自分で時間管理を行い、

自分なりの自由なやり方で
お客様を満足させて頂きたい。



実際、僕はお客様を担当する以外は
店舗内にはいません。

新たな企画を考えたり、
協力関係の社長さんの方々とお話をしたり、

ある時は喫茶店で本を読み勉強したり、

たまには早上がりをして、
家族サービスをしてみたり・・・


時間の使い方は自由です。

現に、

当店にはフリーランスで
ヘアメイク活動、学校の教員もしちゃう
スタッフも在籍しています。

パートでいつも早上がりする方もいます。

仕事を早めに切り、
夜のヘアメイクの仕事に行くスタッフもいます。


スタッフにも喜ばれるスタイルを
追求すること。

それが、より多くのお客様に
喜ばれることだと思っています。





・・・ちょっと気持ちが傾いたかも?

と思っていただけたら嬉しいです。


メッセージを送る>>>


でも、言い忘れていましたが
ご応募いただくには、あなたが

1:月収30万以上を望む方、それに見合うと感じているスタイリストさん

もしくは、

2:最短で技術を習得する覚悟のあるアシスタントさん

のどちらかである必要があります。


言われたことだけをやっていたい、
という方には向いていないのは

ここまでお話してきたとおりです。


でも、覚悟がある方には

もっとあなたが活きるように、
もっとあなたが頑張れるように、

自由が与えられる職場であると思っています。



もしもあなたが、

「やる気もあり成果も出しているのに、
給与が上がらない。。。」

「スタイリストに昇格できるほどの
技術があるのに、新規のお客様が来ない。」


というお悩みを持っていたら、
とくにお勧めできます。


店舗内にいる、
すべてのスタッフが社長。

そんな環境を目指しています。


是非、一緒に大きなプロジェクトを達成し、
大きな夢を達成していきましょう。



すべての理想を叶えていただける職場と自負しています。


やる気MAXのあなたからのご連絡、
心よりお待ちしております。


メッセージを送る>>>


上ノ原 浩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る