悪用はしないでください・・

(トップスタイリストへの道 09)






注:)




今日の内容は良心のカタマリのような




純粋に『良いものをお客様に伝えたい』




そんな志を持った方に是非、読んで欲しい。










利益だけを求めたセールスを考えている方には知ってもらいたくない・・・




いわゆる悪用もできるテクニックになります




———————————————————–






あの番組はヤバい・・・




何度見ても欲しくなる・・・




前回にも紹介しました『ジャパネット・タカタ』さんです。














なぜに、あんなにも購買意欲をたきたてられるのか?




それには一つの法則に沿った売り方にあったのです。









【PASONAの法則】






P = Problem(問題を指摘)





 「アナタは今、こんな悩みで困っていませんか?」








A = Agitation(その問題を放置するとどうなるか指摘)





 「その問題、放っておくとこうなりますよ」








SO = Solution(解決策の提示)





 「この商品ならそんな悩みを解決しますよ」








N = Nallow Down(希少性、緊急性を出して購買意欲を向上させる)





 「今ならこんな特典がついてきます」





 「限定100セットのみ!」


 「分割払いでも、金利手数料ジャパネットが負担!」








A = Action(行動させる)





 「さぁ今すぐお電話を!」











これがPASONAの法則の流れです。











意識して見てみると、いつも同じ流れでセールスしていることにお気づきでしょうか?





わかってはいても、





またこの流れか・・・とは思ってはいても








いざ自分の悩みや不安、興味のあるものが紹介されれば





今すぐ買わなきゃ!となってしまいます・・・








通販やセールスレターも必ずこの流れ










なぜなら、消費者となって物やサービスを買うとき




私たちは理屈ではなく、心理で購入を決断するからだと思います。







PASONAの法則の中には




 買う理由も、


 買ったあとの納得も、




全部入っています。








本当はこんな売り方を意図的にするのはどうかと思っていた時期もありました。






とくに、Agitation(その問題を放置するとどうなるか指摘)





これはいわゆる『あおり』というものだ、





ひどく書けば『脅し』にも捉えられるw








そんなセールスはやりたくない





純粋な職人さんなら、きっとそう感じるはずです。








ですが僕は、純粋な職人気質の人にこそ





本物の技術や知識を持っている人にこそ、このセールスは


とりあえず知っていただきたい。








なせなら、現状は


たいして効果の得られない商品やサービスが


巧妙なテクニックによって購入されるのはよろしくないからです。








本当に良い商品やサービスはもっと世に出て評価されるべきだと感じます。











【伝わらないメッセージは存在しないことと同じ】








大切な人に、効果的に伝えるテクニックはまだまだ存在します。





自分の信念をつらぬくためにも、


いいものをもっと知ってもらうためにも、





マーケティングスキルは必須だと感じます。










  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る