怒りと叱り 2


本当は「てめぇ子供になに怒鳴ってんだよ!」
という勢いでしたが
賢かったです
「お子さん、何歳ですか?」

失礼しますとも
あのーとも
おいてめぇとも、不自然な声の掛け方ではなく
絶妙でした。


「お子さん大変ですねぇ、でもこんなに可愛いお子さんなんですから
お父さんあんまり怒んないであげて下さいよ、
私も、同じくらいの子供がいます、大変ですよね・・・」

とくにトラブルになるでもなく
お父さんにも共感しつつ
自分の思いも伝えられたようです

すべての親は子供にうまくいって欲しい
幸せになって欲しいと思っているはずです

僕も強く思っています

そのためにはやはり、環境・教育がすべてだと思っています

僕も子供を叩いてしまったことがあります。

後悔しか残っていません

こんなに純粋なのに、
良いこと、悪いこと区別がつかないのに

理性なんてまだまだ
あるわけないのに

手を出してしまいました

子供に残るのは学びではなく
恐怖だったのだと思います

恐怖での教育はヤバい子供になると感じます


一人の人間として
尊重して接するべきかもしれません。


とにかく感情で怒っちゃ駄目です


このーwと思ったら、深呼吸しときましょう。

みんな最初は子供だった
分かっちゃいるけど・・・ではなく

お父さん、お母さん
がんばりましょう!

かけがえのない我が子ですから。


ps
奥さんさすがです。何も言わない方が、怒りを買う危険もありません
怖いニュースがいっぱい報道されている中
物申すことは、勇気がいるかもしれません、
でも、人として本来の行動が出来ているようで羨ましくもあり、誇らしく思います。

あなたが母親で良かったと、僕は思っています。
  




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る