心の満足

どの業界も値段のたたき合い




物価を上げなければならないと唱えながらも


懸命に『低価格競争』です






以前にも書かせていただきました




低価格を売りにした商売は結局利益が少ない
>

税金を納めて社会に還元することができないから


結局経済は一向に良くならない




価値の高い仕事を提供し、利益を出していかなければ


みんなが喜べない



僕の仕事は美容室です




一昔前は、業界自体が右肩上がりの経営環境でした




今では


存続し続けているだけ良いと言われるようになり




ガッツリ低価格競争の,ど真ん中にいるような経営環境です






経営者はお客様のニーズに合ったサービスを


提供することが使命でもあります




今の現状に合ったサロン経営は、低価格サロンと捉えるのは


必然であり、確かに支持されるサロンであるのかもしれない






但し、本質は




単純に 『どこに行っても同じなら、安いところが良い』


という素直なお客様の心が招いた現状だと認識する必要があると感じます






どうせ切るならお得なところが良い




どうせ切るなら近い方が良い



それはどうせあまり変わんないんだからどこに行っても一緒でしょ
と言われていることなんだと思います


価格や立地、外観で勝負しても

真似をされればどうなるのかを考えてみたとき


おしゃれなサロンを創ることや、サービスを増やすことが
本当の顧客満足ではないのではと思ってしまう

お客様の本当に欲しいものは何か…


お客様が髪を切るには理由があります



カットをお願いします → 何センチ切りますか? 


では、他のお店でもどこでもいいんです。




何のために切りたいのか


(痛みが気になるからなのか)


(イメージを若くしたいからなのか)


それを知ることで


お客様に提案できる手段は何通りも膨らむはずだ



もっと知ろうとする姿勢は、きっと安心・信頼を与えるはずです



ただ1・2センチ切るためにカットをしたいと美容室に来たのではありません


重くなったから、まとまらなくなったから、
伸ばしたいけど痛みが気になるからしょうがなく切るのかもしれません


いわゆる感動を与える接客(期待値を超える体験)って

本当の目的を知ろうとする
スタッフの心のサービスのことかも知れませんね





お読み頂きありがとうございます。













  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る