市場価値

僕が仕事において目標としている指針として




市場価値という言葉を特に意識しています。






単純に




僕は、僕という商品は市場に出たらいくらで取引されるのだろう・・・




性格、やる気、表情も大いに査定にかかわってくるであろう




でも今回は能力に着目したいと思います




僕は美容師でお客様の髪をカットすることができ、




パーマやカラーだってできます




美容学校を卒業して免許もとりました




修行期間は3~4年




今までも経験値とするならばトータルで10年というキャリアがあります。




トレーニング、資格にかけた時間とお金は結構なものだと思います






ですが、周りを見渡してみたとき




そんな人はいくらでもいることが分かります。




原宿に行けば石を投げれば美容師に当たると言われてました^^;






そう、みんなが出来る=価値が低いんです




誰にでも出来るのであれば、依頼する立場は安くで済ましたい




どの業界においてもいえると思いますが




需要 (欲しい人) 以上に 供給 (提供する人)が多い状態




知り合いの広告会社、ネット関係の方とも話しをしても




何処も値段のたたき合い『こっちは安いよー』、なら『こっちはもっと安くしますよー』状態


だそうです。




僕は美容業界だけなのかなと思っていましたが


みんな大変みたいですね。






これから繁栄していく会社組織や個人は




とにかく今の能力(スキル)にもっと+スキルを付けていく必要があるのだと思います。






僕の仕事であれば


美容師+ヘアメイク




美容師+講師




といったように、みんなが持っているスキル以上に出来ることを増やすことが


とっても大事になってきていると感じます。






最近ではSNSをつかって




個人でお客様を呼ぶこともできるようになっています。






集客に関しては、反応が悪くなっていたり


広告の規制も厳しくなったりで、年々お客様一人を呼び込むコストが高くなってきています




そんな背景の中、集客を個人のスキルでお呼びできるのはとっても価値の高い能力で


あることが分かります。






会社の業績が悪いのは、会社のせいだ


ではなく




個人レベルで何が出来るかを考えることが


本当に大事になってきました






(自分の変わりはいくらでもいる)


なんていわれないように




プラスの能力をどんどん身に着けていくことが必要です。






自分自身の市場価値を高めることで




本当の安心や楽しさ、充実感


を味わっていけると思います






当たり前の毎日を過ごすのではなく




一日一日、新しいスキルを積み重ねていきたいと思います。












ありがとうございました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る