変なこだわりは捨てろ

(トップスタイリストへの道03)






一生懸命やっているけど結果が出ない・・・




そんな方に再確認していただきたい。








【目標なんていらない】





結論から話すと目的さえ達成することができれば




目標なんていらない、必要ない






「目標を立てなさい」




「来月の売上目標を設定しなさい」






私たちは、小さな頃から


目標を立てることばかりを強制されてきた




目標を立てることは偉い!




すばらしい




頑張ってーと応援もしてくれたりもする






とても良い事なんだと思わされてきた。






もちろん悪いことではない




ですが、もっとも重要なことが欠けていることが多いように思います。






なぜ?がないのです。






すぐに答えられるでしょうか。








それは目的につながります。






サロンワークでも




ブロッキングもしっかり!


超きれいにカラーを塗布する、ワインディングをする。




それは綺麗に染めるため




綺麗にパーマをかけるための手段・目標であり






綺麗に染まる




綺麗にかかる、という目的を達成できるのであれば、どーでもよいのです。


※カラー剤や、パーマ剤を飛び散らかしてはダメですが








ブロッキングは、作業をしやすくするものであり





きれいに塗布することなどは、仕上がりをよりよくするためのもの





すべての事柄にはなぜがあり、理由がある。








あくまで目標は目的を達成するための手段にすぎないということです。











【目標の設定は感覚をマヒさせる】





目標にとらわれすぎて、目的が見えなくはなっていないだろうか





目標を達成しなければ、成功できない。幸せになれないと思ってはいないだろうか








目標に固執し過ぎると


いつしか、それを達成することだけにパワーを注いでしまう・・・











お客様を誰よりも綺麗にすることのできる


かっこいいカリスマ美容師になりたい





いつからか、店長、マネージャーになるために


仕事とは関係ないところで、頑張ってはいないだろうか。














家族を幸せにしたい





それが目的だったはずなのに





いつからか、「仕事だからしょうがない」といって


家庭崩壊になるまで、お金が目的になってしまってはいないだろうか












なぜ


それをやるのか。




なんのためにそれをする必要があるのかを自分に聞いてみるだけで






本当に叶えていきたい事を、どんどん達成していけるのではないでしょうか。












西八王子で働く美容師 上ノ原浩のブログ 【八王子で美容師の求人募集中】












































  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る