プロとアマチュアの違い

今僕は輸入ビジネスをしていて確信できたことがあります。   初心者は感覚的に仕入れをし、 中級者は根拠に基づいた戦略的な仕入れをしているのです。   美容師、スタイリストとしても   そうだったな・・・と感じます。   アマチュアの時は感覚的に仕事をしていました。(すみません)   「ここをこう切ったら、こうなるはず・・・」   「このカラーで染めれば、だいたいこうなるだろう・・・」   「このくらいのロッドで巻けば、いい感じに・・・」   まさに感覚。   センス”って言葉でカッコよく取り繕えば、イケている美容師に感じるかもしれません。   でも、美容師歴10年を超え、   向上心のマインドをもとに改善の連続をしてきたことで、   「ここを切ればこうなる!」   「このカラーを使えば、こうなる!」   「この薬剤で何分放置して、何ミリで巻けば、こんなスタイルになる!」   要は髪質を見極め、適切なプロセスが行える   といった感じに、   知識と技術、そして経験をもとに精度の高いヘアスタイルを造れるようになりました。   鏡なんてチラチラ見なくても、大抵出来上がり。   途中経過を見なくても、何分おけばどのくらいの染まるのか?   カールがかかるのか?   きっと歴の長いスタイリストさんだったら   裏付けのある仕事が出来ているのではないでしょうか?   カウンセリングの精度だって上がります。   短時間で済んでしまうのです。   なぜなら   お客様が希望するものを、いち早く理解することが出来る。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る