ついに紹介できます!

 

今の日本における最大の危機は何でしょう?

いろんなところでいろんな問題を取り上げていますが、

最大の問題は一つにつきます。

人口が減るということです。

国土交通省が出している統計によると

日本の地方自治体(国家から自治の権能を認められた団体)の

50パーセントは2050年までに減るというのです。

これは私が思っていることでも言っていることでもありません。

お国が言っているのです。

これらはメディアや新聞でも発表されていることではありますが、

言い方悪いのかもしれませんが、「こっそり」と発表されているのです。

なぜこっそりなのか、

それはみんなが知ってしまうと大変なことになってしまうからだと思います。

年金も貰えません。

なぜメディアは、はっきりと貰えませんと言わないのか?

言えないからです。

2016年の日本の人口は約、1億2632万人。

これが、2050年になったら6000万人切っているとまで言われております。

ちなみに2040年くらいで7000万人を割り込んで

今の半分以下になっているとまで言われています。

そして、2100年には、4000万人。(おそらく僕は生きていませんが…)

要するに、自治体の体を成さなくなるのです。

それぐらい今現在、どんどんどんどん人が減っているのです。

※為替の動きは予測するのは難しいことですが、

人口の予測は、出生率と平均寿命を計算すれば容易に計算することが可能です。

そして人が減ると、どんなことが起こってくるのか?

どんな商売をしていても、どんな仕事をしていても、

顧客が減るということです。

どんなに何かを生み出そうと、「欲しい」と言う人、

その人事態が減っていくということは、天下のJRでさえも

東電でさえも、売り上げは減っていくのです。

これは本当にとんでもない問題なのだと感じます。

それから、もう一つ大きな問題は高齢化ですよね。

どんどん、高齢化していく。この国は。

高齢化しても、人が増えていれば何の問題もないのはご存知だと思います。

高齢化人たちを支えるだけ、若い人が増えていれば何の問題もないわけです。

子供が生まれていれば大丈夫なのです。

でもです、2040年には

日本の中心である東京でさえも、

日本の中で一番衰退していくのが遅いといわれている東京でさえも

39パーセント以上が65歳以上になります。

10人中4人は高齢者なのです。

今の東京から想像ができますでしょうか?

でも間違えなく、現実の未来に向かっているのです。


日本はすごい豊かな国。

確かに今はそうなんです。

その日本が衰退していっているというのは、

どうしてもイメージできない人はたくさんいらっしゃることだと思います。

でもです。日本が世界でも豊かだった。

強かったのは本当に、高度経済成長期以降のたったの50年くらいだけなのです。

(日本のGDPが世界の平均値よりも上回っているのが)

次はアジアの時代になるといわれています。

どのくらいアジアの時代なのかと言われると

2050年には、世界のGDPの51%がアジアに集中するといわれているのです。

「いや!それはないだろう」と言われる方もいます。

ところが長い歴史をさかのぼって見てきたときに、

中国やインド、エジプトのほうが世界のGDPの半分を抑えていたことをご存知でしょうか。

この年月のほうが遥かに長いのです。

今は欧米諸国がすごく強くなって、そういったところがGDPのかなりのシェアを占めてます。

でも欧米諸国がなぜトップに立ってこれたのか?


簡単に言えば略奪ですよね。


その略奪と比例するかの如く、欧米のGDPが増えていっている。

復権するだけで、

中国やインドが世界のトップに君臨する。

日本メディアでは中国は終わったなど言っていますが、

これは、世界のあらゆる調査で口をそろえて言っていることです。

そのような観点から言うと

日本が世界のGDPの平均値よりも高かったというのは、

ほんの数十年だけなのです。

中国やインドが世界のトップに君臨する。

これは、世界のあらゆる調査で口をそろえて言っていることです。

さらに、同じ調査で日本は「2050年にはエジプトにも追いつかれる」と言われているのです。

そのくらい悲惨に衰退していっているのです。

だからです。このまま日本が自分たちの生活を守ってくれるとはありえない。

到底大丈夫とは思えなくなるのではないでしょうか。

こんな時代にいる私たちは、これからどうしていけばいいのか?

たった一つのキーワードは『世界の確かな情報を得る』です。

世界に目を向ける。根っからの日本人を捨てるということです。

日本人であることを誇りに思うことは大事ですが、

固執し過ぎるとダメなんです。

日本の情報だけで物事を判断し、行動しては危険、ダメなのです。

見てください北朝鮮を、

彼ら国民は「自国が最強」だと信じ込んでいます。

それはなぜか、他国の情報を知らないからです。

金 正恩様さえいれば大丈夫!

何の疑いもなく、髪形も制限されている国ですよ。

私たちも、日本は安全・安心、いい国と思われることは情報を

制限すれば容易なことです。

日本人枠を外し、海外から見た目、自国から見た目

あらゆる賛成派・反対派

どの情報を信じるのかは、自分でどちらも調べたうえでも

いろいろ見た上で見極めても損はありません。

いかに上質な情報を手に出来るかが肝になる。

自分たちで自分たちの未来は守っていかなければならないし、

自分たちで、老後の不安含めて、子供たちに良い状態を残していくためには、

一人ひとりが気付いて立ち上がっていかなければならないのです。

誰かに寄り添っていくのではありません。


会社に依存する、家族に依存する、友人知人に依存するのではなく

つまり自分の足できっちり立っていく、これが大前提となります。

今までは誰かが支えてくれたかもしれない

会社が支えてくれたかもしれない

国が守ってくれたかもしれない

でももう支えてくれないんです。

もっと言うと支えられないのです。

だから一人一人が立たなければならない。

個人の力で、しっかりと立たなければならない。

そして、自分がたったなら、自分で立っている人と手を組むのです。

このようなチーム、コミュニティーは本当に強靭です。

決してよっかかるのではありません。
掛け算です。あなたがゼロなら意味がない。

チームの中に一人でも「誰かがやってくれないか」と寄り添ってくる・・・

これは弱いです。


これからは必ず、強いチームと弱いチームに分かれていく。

中間がないのです。

東京ではあまり見かけないかと思いますが、

今の日本の子供でも、6人に1人の子供が家庭の自力収入では洋服を買えない、ご飯も食べれないそうです。

もうすでに超格差社会は始まっています。


中間層はいなくなる。

これでも自分は大丈夫だなんて、言えるでしょうか。

もしあなたがこの話を聞いて、大切な誰かに言って、

「そんなわけあるわけがない」と言われるかもしれません。

でも、あなたが気づいたならあなたがいつか救ってあげたら

いいじゃないですか。

ご一緒にヒーローになりましょう。


やっとみなさまに僕が自信をもってご紹介できる、

世界上流の資産形成情報をお届けできるようになりました。

【富を築く、そして守る!】  ←お知らせメール登録はこちらからお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る