ただ髪を切るだけではない

「何のお仕事をしているんですか?」
と聞かれる事がある

僕は「美容師をやっています」と応えます
でもただ髪の毛を切る仕事だとは思われたくはありません。

僕だけではなく、全てのスタイリストに言える事ですが

私たちは美容という一つの分野で技術や知識を使い

お客様それぞれの幸せ”を売っています

なにかっこいい事言ってんだと思われるかもしれないが
もう少し聞いて欲しい

お客様の目的は様々だ

○ただ伸びたから、伸びた分だけ切って欲しい

○髪の毛の痛みをどうにかして欲しい

○癖毛をどうにかまとまるようにしてほしい

○色を染めてみたい、パーマかけてみたい

○気分を変えたい、イメージを変えたい

○癒されたい、気持ちよくなりたい

○元気なりたい

ただ話を聞いて欲しいお客様もいるかもしれない

2ヶ月たったからなんとなく、の方もいるかもしれない

僕らだけじゃなく、全ての職種にもいえることなのかもしれないが
お客様の目的や、願望を叶えたり。
悩みや不安を取り除いてあげて

より快適な毎日や、希望や楽しみ

そんな幸せを与える事が本来の仕事であると思っている


そこで、そんな仕事をする為に

 大事な事はすべての目的に必ず【なぜ】がある事を知るべきだと思う

全ての感情や行動には、それを考えた訳や行動した訳がある

その本質を理解せずに、

本当にお客様の解決や満足を与えられる
 商品やサービスをお客様に提供できるのだろうか


お客様が自分達を選んでいる理由はなんだろう

逆に選ばれなかった理由も知っておきたい。

いつもなぜ

なんで、どうして、と必死に考える事が成長、成功できる
最高のスキルなんでしょうね。


何事も本質をとらえていきたいです。






今日もありがとうございました^^










  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る