【市場をつくる】-僕の師匠-

今までの人生

そしてこれからの人生に

考えを定めさせていただいた僕の師を
紹介させていただきたい。



出会いは20歳のときです

その方は『新しい市場をつくる』という目的で会社を創立した方です

新しい市場…どういう事だろう

最初は意味がわかりませんでしたが
縁することで理解できました


〈例〉———————————————–

道路がない時代にクルマをつくる

タライで洗濯をしていた時代に洗濯機をつくる

ネットがない時代にパソコンをつくる

電気がない時代に電球をつくる

—————————————————-

そうしてみんなが必要になり【需要】お客様

つくる人、つなぐ人が必要になる 【供給】製造・営業

仕事がうまれ、経済を活性化させる

こんなエジソンのようなことを

本気で実行していた方です。



以前の自分は

「こんどあれほしいな~、でもまだまだ買えないなぁ~」

「早く出世したい」

とか

「あの人かわいいな~」

「休みがほしいな~」

「なんかいいことないかなー」

まー…つまらないやつでした(^_^;)


なぜか

《何のために》

が薄いからですね


師はいいました

三流はカネをのこす

二流は名をのこす

一流は人をのこす

僕が書くとかなり弱いです(>_<)


まず市場をつくる事はものすごい大変な事だと知りました。


トヨタさんは紡織の会社だったそうです

社長の息子、次期二代目社長、豊田喜一郎さんがいいました

「これからはクルマが走る時代がくる!」

みなさん「なんだこのバカ息子は」と、キチガイ扱いだったらしいです。

それが日本発の国産自動車開発に成功
$-Experience-


でも走る道がない

文化がない

買える人がいない

大変だったでしょう…

でもその努力によって

タイヤ・パーツを作る仕事ができる

信号機・道路を作る仕事ができる

物凄い経済効果です



坂本龍馬さん歴代の偉人の方も『異文化を取り入れるべきだ!』なんて言って
たくさんの犠牲もあり、努力もあり、悪い風評も浴び、大変だったでしょう…


師は、それをしようと言ってたんです


スケールがでかすぎて、いつも側にいるときは震えるほどでした。

8年がたち

やはりですが

今はもう会う事は難しい

遠い存在になってしまいました




たくさん働いて、たくさんお国に収める

結局は事業の税収で国が成り立つ事も教わりました



本気で日本に新しい仕事を作る、みなさんが活躍できる場所をつくる

みんなを元気にするため

そして意思をも受け継ぐ、人をのこす一流になると豪語しておりました



アタマのまだ柔らかい20歳で出逢えて本当に感謝しております



僕は市場をつくるなんて大それた事は言えませんが、

あの社長の10000分の一でも

人に感謝されるヒトになりたい

いろんなものを与える側になりたい

本気で思います。



コツコツがんばります





ありがとうございました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る