「一国は一人をもって興り、一人をもって滅ぶ」

「一国は一人をもって興り、一人をもって滅ぶ」






国であれ、企業であれ、あらゆる団体の盛衰は、




そのリーダーによって決まっていきます。






人に幸福と繁栄をもたらすリーダーがいる一方で、




戦争や貧困を無視し、不幸に陥れるリーダーも存在します。






歴史を紐解けば、歴史とはまさにリーダーの歴史だと感じます




西八王子で働く美容師 店長のブログ



リーダーには並外れた「才覚」や「努力」が必要であることは誰もが知っています。




ですがリーダー=素晴らしい人とは、限らないように




一般的に成功者と言われようが、一番近い存在(家族関係)の気持ちがバラバラであったり


才能を「努力」の注ぐべき方向を誤り、


まわりの人たちを不幸にしてしまっている方もいます




これは「才能」や「努力」だけでは、真のリーダーは務まらないということを意味します。




真のリーダーであるためには心を正しくコントロールするもの、即ち「人格」が必要であります。




己を戒めるものは、まさに「人格」なのです。




一方、人にはもって生まれた「性格」があります。


「性格」は一人ひとり違い、必ずしも万人が優れた「性格」を持ち合わせているわけではありません。




我々は真面目に人生を歩もうとするなら、長い時間をかけて、この「性格」の歪みや欠点を修正する必要があります。




そして、


「哲学」、「宗教」、「聖賢の教え」、あるいは「親」から教わった「人間としての正しい生き方」、


「人間としての基本的な規範」を繰り返し、しっかり身に付けることで、歪みや欠点を直すことができるのです。




その結果得られるものが「人格」




真のリーダーであるためには、生涯を通じてこの「人格」を高め続け、


「才覚」や「努力」の向かう先を正しく制御し、謙虚にして驕ることなく、


人のとるべき道を歩まなければなりません。








これは稲盛氏の講演で聞いたことでした




何十年か経って振り返ったとき、すばらしい人生だった




また人から尊敬される生き方をしたければ


「人間としての正しい生き方」、「人間としての基本的な規範」




本当に、自分大丈夫かな?なんて驕ることなく考えられたら




年齢を重ねることは『老化』ではなく




『進化』に変えていけるのではと感じました。






ステータスでは手に入れられない




本質の人との付き合い




人間関係をつくることができたら




きっとこの上なく楽しそうですね^^










今日もありがとうございました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る